dodidn-topbillboard28.png

小さな胸にうずく恋のささやき。

Utaroヴォーカルは進化する。

東京の街をさまよう女はただひとり身重であった。

孤独な深海の歌声…。

その他の楽曲はこちらから

お知らせ

check.png急遽、突発的に「OP-1を使ったサウンド・インスタレーション」第6弾曲をアップしました。突発ながらPro Tools 12での作業でした(^^)。すっかりOP-1が手に馴染んでしまって、離れるのがつらいのですがこれで本当に一旦終了いたします。ご愛顧ありがとうございました。

現在の活動内容

speech_bubble_grey.png「舞踏のための音楽プロジェクト」始動。バーチャルな舞踏舞台を想定して、「歩く」をテーマに、違ったアプローチでそれぞれの音楽を作っていく実験。最終的にはコンセプト・アルバムにする予定。

音楽作品の解説は「Portfolio」

file_flac.png [Dodidn*]で制作した音楽は、貼り付けてあるSoundCloudウィジェットかSoundCloudサイトより無料で再生可能です。個々の作品の解説は、Portfolioページにあります。また、解説ページの下部にはDodidn* blogのリンクがあります。このブログには、個々の作品のレコーディングや音響に関する記事が随時アップされていますので、関連資料としてお楽しみください。

作品のご意見・ご感想、シェアをお願いします!

twitter_standing.png 作品、記事に関するご意見・ご感想をTwitterFacebookページ投稿、SoundCloudでのコメントアップ、ブログでのコメントなどでどんどん書き込んでください。お待ちしています。それから、気に入った曲がありましたら、TwitterやLINE、ブログ、Facebookなどにどんどんシェアしていただけると嬉しいです。

multitrack-banner1.png

portastudio464c.jpg【その他のコラム】
最期に入手したYAMAHA CMX100を契機に、カセットMTRから完全撤退を決意した私。実験や過去の曲に貢献できたこと、そのアプローチの仕方を、デジタル・レコーディングに活かすこと。CMX100が私にとって最期の1台。

さよならカセットMTRLinkIcon

fc357b.jpg【マイクロフォンの話】
LAUTEN AUDIO FC-357 Clarion。私がひそかに欲していたFET回路によるサウンド・ディテールは、このマイクロフォンが示しているようにナチュラルで繊細に源音をとらえること。しかも可変指向性だから様々なアプローチのレコーディングに活用できる。「マイクロフォンの話」最終回。ついに完結。

FC-357―行き着けば饒舌LinkIcon

cd900st.jpg【実験コーナー】
録った音を料理しよう。これから自宅録音をやってみようと思っている初心者の方、録音は一応できるけれどミキシングがうまくいかない!という方のための、Utaro版宅録レクチャー。

宅録しませうLinkIcon

dodidnblog-banner2.png

utaronotes-banner.png

Dodidn* blog 更新情報

Utaro Notes 更新情報



butoproject-banner01.pngbutoproject-banner01.png

soundinstallation-banner01.pngsoundinstallation-banner01.png

takurokubanner01.pngtakurokubanner01.png

protoolsbanner02.pngprotoolsbanner02.png

edichiku-banner.pngedichiku-banner.png

utaronotes-banner2.pngutaronotes-banner2.png

Dodidn* blogDodidn* blog